>

下がってしまった歯茎は歯医者に行って相談しよう

移植する方法が一般的

治療する時は、結合組織移植術を使うことが多いです。
これは口内の丈夫な歯茎を一部切り取り、歯茎の下がっている部分に移植する方法です。
また歯肉弁側方移動術や、歯肉弁歯冠側移動術という方法でも治療することができます。
この2つの方法では同じ歯の上の歯茎を引っ張り、歯茎を移動させる方法になります。
どこの歯医者に行こうか悩んでいる人は、これらの方法を実行しているところが良いでしょう。

経験が豊富だったり、大きな歯医者だったりすると設備も整っており、自分に合う治療方法を医師が見つけてくれます。
しかし適用できる症例が限られています。
特に歯と歯の間にある三角形の部分の歯茎が下がっている時は、手術が難しいと言われています。

顎に問題が起こっている場合

歯茎が下がると、その下にあるはずの骨が溶けることがあります。
その際は、顎の骨を再生させる方法が採用されます。
顎の骨が元通りになることで自然と歯茎が盛り上がり、綺麗な歯茎に生まれ変わるのです。
歯茎が元通りになると、歯磨きしやすくなるメリットが生まれます。
普段から丁寧に磨いて汚れを除去していれば、再び歯周病になったり、歯茎が下がったりすることはありません。

顎の骨が溶けるという症状は、主に歯周病になっている人が起こりやすいようです。
自分では気づかないケースが多いので、歯医者で具体的な検査を受けなければいけません。
悪化すると、元通りにできないと言われることがあります。
手遅れになる前に、歯茎を治療しましょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る