>

歯周病以外の原因も考えられる

毎日正しく歯を磨こう

歯周病になっていないのに、歯茎が下がってしまう人が見られます。
その場合は、普段の歯磨きの仕方に問題があるのかもしれません。
強い力を入れて磨くと、歯茎が傷ついてしまいます。
毎日そのような歯磨きを繰り返していくうちに、次第に歯茎が痩せて下がってしまうという仕組みです。
歯茎を守るためにも、優しい力で磨くことを守りましょう。

中には力を入れないと汚れが落ちないと考えている人がいますが、そんなことはありません。
優しい力でも、汚れを落とすことはできます。
この機会に正しい磨き方や歯ブラシの持ち方などを勉強し、毎日実行すると良いでしょう。
正しい歯磨きが歯茎を守ることに繋がり、結果的に歯周病や虫歯といった口腔内の病気も予防できます。

噛み合わせが悪くなっている

歯ぎしりや、歯を食いしばる癖がある人は歯茎が下がりやすいので気を付けてください。
その理由は、過剰な力が加わることで歯茎が後退していくからです。
寝ている時に歯を食いしばったリ、歯ぎしりをしてしまう人は要注意です。
そのような人は悪いことだとわかっていても、自分の意思でやめることが難しいでしょう。
なかなか習慣が改善されない人は、歯医者に相談するのが良い方法です。

歯科ではマウスピースなどを使い、食いしばりや歯ぎしりのダメージを削減できるよう医師が対策を考えてくれます。
また片側の歯で食べ物を噛むことが癖になっている人も、歯茎に余計なダメージを与えているので改善しましょう。
食べ物は両方の歯で、バランス良く噛んでください。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る