下がってしまった歯茎は歯医者に行って相談しよう

残念ですが、1度下がった歯茎は自分の力で元通りにすることはできません。 手術を受けなければ治らないことがほとんどなので、良い歯医者を探してください。 歯医者に行くと、医師が自分の症状に合った方法を選択し、施術してくれると思います。 悪化しないよう、早めに相談しに行きましょう。

自然に治ることはない

一度下がった歯茎は残念ながら自然に元通りになることはありません。
ですから気になる人は歯医者に行って、きちんと治療を受けてください。
治療する際は、別の丈夫な歯茎を下がっている部分に移植したり、同じ歯の歯茎を引っ張ったりする方法が採用されます。
症状に応じて、この方法が使えない場合があるので注意が必要です。
素人ではどの方法を選択すれば良いのかわからないので、まず医師に相談しましょう。

歯茎が下がっても、今は特に問題がないかもしれません。
しかしこれから問題が生じる可能性があるので、少しでも下がったと思った時点で治療することをおすすめします。
歯茎が下がると歯が長く見えるので見た目に悪影響を与えたり、食べ物が挟まりやすくなったりするデメリットがあります。
そのまま歯茎が下がると、歯が抜け落ちるリスクもあると覚えておきましょう。
そうなった場合は代わりの歯を埋め込む治療をするので、さらに費用が高くなります。

歯茎が下がる原因として多いのが、歯周病です。
歯周病が原因になっている時は、治療から取り掛かります。
完治してからでないと、歯茎を元に戻す治療はできません。
歯周病以外では毎日のブラッシングの力が強すぎたり、噛み合わせが悪くなっていたりすることが原因に挙げられます。
ブラッシングが問題なら自分で気を付けることで改善できるので、優しい力で磨くように心がけてください。
力が強いと歯茎だけでなく、歯も傷つけてしまいます。

どんなデメリットがあるのか

歯茎が下がることで、具体的にどのようなデメリットがあるのか知っておきましょう。 日常生活に支障を与えるので、早く治療した方が良いと言われています。 また歯茎が下がっている状態を放置すると、大きな病気を引き起こす可能性もあります。歯茎は定期的なチェックが必要なのです。

歯周病以外の原因も考えられる

最も多いのは歯周病ですが、歯茎が下がる原因はそれだけではありません。 日常生活を振り返ると、毎日の歯磨きが原因だったという事例も起こっています。 そこで、どのような部分に注意すれば良いのか把握しましょう。 丁寧に歯を磨くことが、大きなポイントです。

▲ TOPへ戻る